料理家神田えり子 毎日がビール日和

     我が家の男子中学生が喜ぶ毎日の料理、私が好きなビールのおつまみのレシピを更新。          レシピ付きエッセイ「私と家族と食卓と」連載中。

カテゴリ:レシピ > 魚介

こんにちは。
料理家の神田えり子です。

今日は朝から撮影でした。
ゴボウやら、ネギやらを鞄から飛び出しながら電車に乗って、
隣の人に当りそうになっては「すみません」と言いながら運ぶのも料理家の仕事です(笑)


↓今日のレシピ↓

やっぱりおいしい定番のえびグラタン。
しっかり煮詰めてクリーミーにミルキーに作ったホワイトソースは無敵です。
グラタン俯瞰

『基本のえびグラタン』
調理時間40分
≪材料≫(2人分)
無頭えび 8尾
玉ねぎ 中1/4個
サラダ油 小さじ1
白ワイン 小さじ1
塩・白こしょう 各少々
マカロニ 30g
バター 20g
薄力粉 大さじ3
牛乳 450㏄
白ワイン 大さじ1/2
コンソメ 小さじ1
塩・白こしょう 各少々
ピザ用チーズ 適量

≪下準備≫
・無頭エビは背ワタ、尾、殻を取り除き、立て塩(3%の塩水)→真水で洗う。
・玉ねぎは根元を取り除き、繊維に沿った薄切り。
・マカロニは塩の入った熱湯でゆでる(ゆで時間はパッケージ参照)。
・オーブンの予熱を入れる。
(お持ちのオーブンのできるだけ高い温度で入れてください。焼くときは250℃に下げる。)

≪作り方≫
①フライパンにサラダ油を熱し、無頭えび、玉ねぎを炒め、白ワインを加えてひと煮立ちしたら、塩・白こしょうで味をととのえる。

②別の鍋にバターを入れて弱火にかける。半分くらい溶けたら、火を止め薄力粉をふるい入れて均一に混ぜる。

③再び火をつけ焦がさないように炒める。フツフツ沸騰してきたら、さらに2分ほど加熱する。

④火を止め牛乳の一部を加え、よく混ぜ溶きのばす。
均一になったら、火をつけ全体をつなげる。(同様にこの作業を4~5回繰り返す)

最後にコンソメ、白ワイン、塩・白こしょうを加えて軽く煮て、とろみをつける。

【工程5】に【工程1】の具材、マカロニを加え混ぜ、耐熱容器に分け入れる。
ピザ用チーズを散らして、予熱の入ったオーブン(250℃10分)かトースターで焼き色を付ける。

≪POINT≫
〇鶏肉やベーコンでもおいしくできます。

レシピはNadiaにも掲載中。

または
ID 385951 で検索してくださいね!

**********************************************

レシピ開発、テレビ出演、イベント出演、コラム執筆

お店のメニューのご相談などの

ご依頼・お問い合わせは下記メールまでお願いします。

株式会社 OCEAN'S

contact+kanda@oceans-corp.co.jp

神田えり子 

Instagram:@erikocookingsalon


************************************************
    このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。

料理家の神田えり子です。

この週末は息子の小学校の時のサッカーチームのメンバーで集合。


子供もママたちも、それぞれのステージで頑張ってます。

前ほどなかなか会えないけど、爆笑の時間をくれるみんなに感謝!



旬のトマトを使ったレシピを。

酸味とうま味がお魚にも合う!

タラと一緒にピリ辛甘酢あんで絡めれば、ごはんにもビールにもぴったりのおいしさになりますよ!


IMG_4512


☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎

『タラとトマトのピリ辛甘酢あん』

調理時間:15分

≪材料≫ (2人分)

タラ 2切れ(切り身)

A 塩・白こしょう 各少々

A 小さじ2

片栗粉 大さじ1

ごま油 小さじ2

トマト 中1個(約150g)

B ケチャップ 大さじ2

B 大さじ2

B 砂糖 大さじ2

B 大さじ1

B 豆板醤 小さじ1

B 少々

B 大さじ2

C 片栗粉 小さじ1

C 小さじ2

ごま油 小さじ1/2

*

≪下準備≫

・タラは水気を拭き、1切れを2等分に切ってAで下味をつける。

・トマトはヘタを除いて8等分のくし形切りにする。

・Bはあらかじめ合わせておく。

✴︎

《作り方》

① フライパンにごま油(小さじ2)を熱し、下味を付けたタラに片栗粉をまぶして中火で焼いて火をとおす。

✴︎

② トマトを加えてさっと炒め、あらかじめ合わせておいたBを加えてひと煮立ちする。

✴︎

③ C を合わせた水溶き片栗粉を加えて全体を手早く混ぜ、とろみがついたら火を消して、ごま油(小さじ1/2)を回しかける。

✴︎

≪POINT≫

〇たらは崩れやすいので焼いているときに触り過ぎないようにします。 

〇豆板醤はお好みで加減してください。



**********************************************
レシピ開発、イベント講師、コラム執筆
お店のメニューのご相談など
承っております。


ご依頼・お問い合わせは下記メールまでお願いします。
株式会社 OCEAN'S
contact+kanda@oceans-corp.co.jp


神田えり子 


Instagram:@erikocookingsalon

***********************************************************
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ