料理家神田えり子 毎日がビール日和

     我が家の男子中学生が喜ぶ毎日の料理、私が好きなビールのおつまみのレシピを更新。          レシピ付きエッセイ「私と家族と食卓と」連載中。

カテゴリ:レシピ > ごはんもの

こんにちは。
料理家の神田えり子です。

今日は桃の節句ですね。
うちは1人息子なのでお雛様を飾ることもありませんが、
嫁入り前のおばさん自らあられを買って、今夜は手巻き寿司にします。

レシピは「ばらちらし」。
ちらし寿司はお刺身を寿司飯にのせたもので、にぎり寿司が生まれた関東で、その具材を握らず「ちらし」たことから始まったとか。
一方、ばら寿司は主に関西のもので、寿司飯にかんぴょうやしいたけの甘煮やらを混ぜたもの。
太巻き寿司を「ばら」している、ところからこの呼び方だと言います。

その融合系?がばらちらし?ん?
お店でもこの料理名で出てることがよくありますが、今自分でレシピ書いて、「どっちやねん!」となりました 笑
まあ、どっちでもいいや。おいしいよ。

お好みのお刺身、しいたけの甘煮、みりんで甘く焼いた玉子焼きを彩りよく盛り付けて作っています。
ひなまつりやお祝いの席にぴったりです。
ばらちらし

☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎
↓↓↓今日のレシピ↓↓↓ 
☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎☺︎
『海鮮ばらちらし』
調理時間40分(干ししいたけを戻す時間は除く)
≪材料≫(4人分)
ごはん 2合分
A 酢 60㏄(米酢を使用しています)
A 砂糖 大さじ2
A 塩 小さじ1弱
干ししいたけ 大3個(約15g)
水 200㏄
B 干ししいたけの戻し汁 150㏄
B 砂糖 大さじ2
B しょうゆ 大さじ1
B 酒 大さじ1
B みりん 大さじ1
卵 2個
C 塩 少々
C みりん 小さじ2
サラダ油 小さじ1
刺身 200g程度(お好みのもの。サーモンや鯛、はまちいくらなどがおすすめ)
大葉 4~5枚
いくら 適量(あれば)
刻みのり 適量

≪下準備≫
・【A】を合わせて寿司酢を作っておく。
・干ししいたけは200㏄の水で戻しておく(1時間~)。
・刺身は2cm角に切る。
・大葉は軸を除いて千切りにする。

≪作り方≫
~しいたけの甘煮を炊く~
戻した干ししいたけの水気を絞る(戻し汁は捨てずにBで使用します)。

②鍋に【B】
を入れてひと煮立ちし、【1】のしいたけを入れて落し蓋をして中火で15分ほど煮る。
冷まして味をなじませ、1cm角に切る。

~玉子焼きを作る~
卵に【C】を加えてよくときほぐす。
熱した玉子焼き用フライパンにサラダ油を馴染ませて拭き取る。
卵液を5回くらいに分けてフライパン全体に流し、その都度向こうからこちらに生地を折りたたみながら巻いていく。
冷まして2cm角に切る。

~寿司飯を作る~
温かいごはんをボウルに入れ、しゃもじを伝わせて合わせておいた【A】の寿司酢を回しかける。
手早く切り混ぜ、しゃもじを持つ手が重たくなったら、うちわであおぎ余分な水分を飛ばす。
☆固く絞ったふきんやキッチンペーパーなどをかけて5分ほどおくと馴染んでおいしくなります

器に寿司飯を入れ、刻みのりを敷く。
その上に刺身、いくら、しいたけの甘煮、玉子焼き、大葉を彩りよく盛り付ける。

≪POINT≫
〇寿司飯は、米2合に昆布だし350㏄、酒大さじ1を加えて炊くとより香りよく、おいしくできます。
〇寿司飯の作り方は【4】のようにして、寿司酢が馴染んでからうちわであおぐと、ほどよく水分が飛びべたっとせずにおいしく仕上がります。
〇お刺身はお好みのものでどうぞ。具材はほかにもアボカドもおすすめです。

レシピはNadiaにも掲載中。
ID387080で検索してくださいね!

**********************************************

レシピ開発、テレビ出演、イベント出演、コラム執筆

お店のメニューのご相談などの

ご依頼・お問い合わせは下記メールまでお願いします。

株式会社 OCEAN'S

contact+kanda@oceans-corp.co.jp

神田えり子 

Instagram:@erikocookingsalon


************************************************


    このエントリーをはてなブックマークに追加

息子がサッカーの練習試合の副審をしながら、その日寒すぎたので凍死することを想像してたら、
オフサイドを取り損ねた上、チームメイトに注意されるまでフラッグを落としているのにも気が付かなかったそうで、やや彼の将来を憂います。

頑張ってね。お母さんはいつもあなたのことが心配です。

↓今日のレシピ↓
むきえびとしめじのピラフ。炊飯器でも鍋炊きでもOKです。
えびときのこのピラフ縦③

『えびときのこのピラフ』
調理時間20分
≪材料≫(約4人分・2合)
米 2合
むきえび 100g
A 白ワイン 大さじ1(または酒)
A 塩・黒こしょう 各少々
玉ねぎ 中1/3個(約80g)
にんじん 1/4本(約40g)
しめじ 1/2P
B バター 10g
B サラダ油 小さじ
塩 少々
C 水 400㏄
C コンソメ 小さじ1/2
C 塩 小さじ1/4
C 黒こしょう 少々
パセリ 適宜(みじん切り)

≪下準備≫
・米はよく研ぎ分量外の水に30分~つけて置く。
・むきえびは背ワタがあれば除いて洗い、【A】で下味を10分ほどつける。
・玉ねぎはみじん切り。
・にんじんは皮を向きみじん切り
・しめじは石づきを除く。

≪作り方≫
①鍋に【B】を入れて弱火にかけ、バターが溶けてきたら、たまねぎ、にんじんのみじん切り、塩(少々・分量外)を加え中火でしんなりするまで炒める。

②しめじを加えて香りがするまで炒めたら、むきえびを下味ごと加えてさっと炒める。

③炊飯器に移して【C】を加えてさっと混ぜて炊く。
切り混ぜて器に盛り、お好みでパセリを散らす。

≪POINT≫
〇鍋で炊くときは
【4】で【C】を加えてさっと混ぜた後、蓋をして強火にかけ、沸騰したら弱火にして10分炊きます。
その後、そのまま10分ほど蒸らします。

レシピはNadiaにも掲載中。
または
ID 386227 で検索してくださいね!

**********************************************

レシピ開発、テレビ出演、イベント出演、コラム執筆

お店のメニューのご相談などの

ご依頼・お問い合わせは下記メールまでお願いします。

株式会社 OCEAN'S

contact+kanda@oceans-corp.co.jp

神田えり子 

Instagram:@erikocookingsalon


************************************************
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ